So-net無料ブログ作成
ワールドカップ ブログトップ

【ラグビー】日本代表のスピードスター福岡堅樹 100mのタイムは? [ワールドカップ]

【ラグビー】日本代表のスピードスター福岡堅樹 100mのタイムは?

福岡堅樹選手はなんと100m5.8秒で走り切る俊足です。
エディー・ジョーンズ・ヘッドコーチいわく「チーターにも勝てる」そうです。

エディー・ジョーンズ・ヘッドコーチは「スコットランド戦は最も重要な試合。準備期間は数日間だが、日本は(短い間隔に)慣れている」そしてスコットランド戦のキーマンは「まだ大学生の福岡堅樹」と言い切りました。


福岡堅樹選手「初めてのラグビーワールドカップで先発で出場できる機会をもらえて光栄。南アフリカ代表戦の勝利の後の日本ラグビーにとって大きな分岐点となる試合。2年前は2トライしていいイメージを持っている相手でもあるので、自分自身の強みであるスピードを生かして、勝利に貢献したい」

福岡高校の後輩さんでしょうか
「みんな23日のスコットランド戦には福岡高校から数々の推薦を蹴って一浪して今は筑波の現役大学生の福岡堅樹っていうやばい人が出るよ!!!!!見てね見てね!30歳になったらもっかい医学部目指すらしいよ!!やばいよね!!」と応援の声を挙げています。


福岡堅樹選手は代表史上9人目の大学生先発メンバーとなりました。


福岡堅樹選手は福岡県で有数の進学校である福岡高校出身

卒業後は医者を目指して浪人も、まずは競技生活を優先すべく筑波大情報学群に入学。

日本代表の活動と並行しながら学業にも励み、卒業論文以外の単位はすでに取得済みだそうです


2020年東京五輪を最後にラグビーを引退、医者を目指すという
お祖父さんお父さんも医師の家系です

2020年の東京オリンピックまでは現役でラグビーを続け
30歳で医学部に入学、30代半ばで医師になる、という人生設計を描いています


ここまでの代表戦11試合の相手には世界ランキング1位のニュージーランドや5位のウェールズも含まれるが、「15人制のラグビーで追いつけない選手は今までいなかった」と福岡は言う。

エディー・ジャパンにとって、対スコットランドの切り札です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
ワールドカップ ブログトップ
まかない付アルバイト Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。