So-net無料ブログ作成

ユネスコ 日本 出資 [ニュース]


ユネスコ 出資日本トップだけど影響力ないし アメリカはすでに支払い停止中

やめていいでしょ

こんなのにお金出すの


http://www.sankei.com/world/news/151014/wor1510140011-n1.html


日本がお金出すのやめても、思い通りに歴史を捏造したい中国が
日本とアメリカの分もまとめて払うでしょ。


2011年10月31日
パレスチナをユネスコの加盟国にしたことから、アメリカは出資を凍結しました。

当時、イスラエルはペレスチナなどとユネスコで同席など出来ようはずもなく、米国としても強硬に反対の意思表示をしました。

その時の票は、集った173のユネスコ加盟国のうち、賛成が107、反対14、棄権が52でした。

圧倒的に加盟は支持されたのです。

棄権の52もアメリカへの配慮でしょうから、世界の圧倒的多数が支持して、パレスチナはユネスコの加盟国になったのです。

これに反発したのが、アメリカとイスラエル。

アメリカとイスラエルはユネスコへの拠出金の支払いを凍結したのです。

アメリカの法律ではパレスチナを正式会員とする国際機関には資金を出さないと規定しています。

アメリカは、ユネスコへの拠出金を停止するということによって、ユネスコの決定に対抗したのです。

日本もアメリカに倣いましょう

中国が申請していた「南京大虐殺文書」が記憶遺産への登録が
決まったことに対し、日本政府筋は「断固たる措置を取る」と述べ、
ユネスコの分担金拠出などの一時凍結を検討する構えを見せている。

平成26(2014)年度のユネスコ予算の日本の分担率は米国の
22%に次ぐ10・83%で、金額は約37億1800万円。米国が
支払いを停止しているため、事実上のトップだ。さらに分担金以外でも、
さまざまな事業に対する任意拠出金があり、同年度のユネスコ関係予算は
計約54億3270万円に上る。

外務省首脳は「日本の分担金はトップクラス。(ユネスコ側が)日本からの
申し入れに真剣に耳を傾けることに期待したい」として、
中国の申請案件の登録が認められた場合は拠出金の凍結もあり得るとの
シグナルを送り、慎重な審査を求めていた。


「初版発行日」1987-02「著者」最上 敏樹 (著) 「出版社」東研出版【中古】ユネスコの危機と世...





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
まかない付アルバイト Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。